金のかからない暇つぶし

仮想株取引で暇つぶしかつ経済の勉強

   

暇つぶしになって経済の勉強になるのが株の仮想取引ゲーム。

株とか難しそうとか経済の勉強とかあまり興味が無いという人もいるだろうけど株取引は基本的にシミュレーションゲームみたいなもので上がるか下がるか2通りしか無い答えを当てるゲームなのだ。

というわけで最初始めるのは超簡単。ただただ2択のクイズに答えるだけだから。上がったらラッキーだし下がったら残念というような感じ。

スポンサーリンク

脳の想像力を鍛えることが出来る

それの何が楽しいのか?となるだろうけどチャートというこれまでの株の値動きがあるのだがこれを見ていてなぜ上がらなかったのか?とかこれ以上は上がらないから今売って次の株へシフトしたほうがお金を増やせるんじゃないかというような想像力を鍛えることが出来る。

頭を使うゲームが好きなら確実に楽しめるし、頭を使わなくても何となく上がりそうだから買ってみるとかでもいいのがこの気軽な株取引ゲームの良さ。

ノーリスクで株の売買体験出来る

株は興味があるけどいきなり自分のお金を使うと損しそうで怖いなとか思う人はこのゲームで鍛えてから実際の株の口座を作ればいいし、ゲームの世界だけで取引し続ければお金はかからないのでノーリスク。

株の仮想取引の楽しさは他のソーシャルゲームのようにランキングが毎日発表されるところで上がったら嬉しいし下がったら頑張ろうという気になる。だからついつい毎日取引してしまう。これがただの時間つぶしならただのゲームと同じで時間の浪費なのだがゲームといえども実際の株式市場と同じ株が実際の株と同じ値動きで買えるので実体験として株の売買が勉強できるのである。

実際の株と同じ株を買えるので話題の会社の株を買うことが出来る。例えばスカイマークの株を買って投機的な値動きを実体験として味わってみるとか安定成長するJRの株を買って手堅く稼ぐとか自分にあった取引でお金を動かす練習ができるわけだ。ノーリスクで。

新聞を読む習慣が付く

このゲームを続けているうちに実際の市場の情報が欲しくなり普段読まなかった日本経済新聞の経済欄を読む習慣が身についたり為替相場のニュースが気になったりしてきてビジネスマンらしくなるのもこのゲームのメリットのひとつ。

実際私は毎日日本経済新聞のサイトをチェックしている。見出しとさわりだけしか読めなくて全部読むには有料会員になる必要があるが、月10本までは無料会員でもタダで記事が読めるのでどうしても気になるニュースはチェックできる。

ということで株のシミュレーションゲームは楽しくて勉強にもなる暇つぶしだと言える。
オススメはトレダビというサイト。Androidならアプリでも楽しめる。iPhoneならブラウザから取引すればいい。

簡単で面白い適性年収がわかる暇つぶし→MIIDAS(ミーダス)※無料

 -インターネット, 趣味

スポンサー

  コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

【マンガ紹介】“僕達がやりました”は胸のドキドキがたまらない

金城宗幸,荒木光 講談社 2015-10-06 売り上げランキング : 3678 Amazonで探す

これからブレイクしそうなYouTuberまとめ

最近YouTuberにハマっていて暇さえあえれば面白そうなYouTuberを探しているのだがちょっと

読みやすくて面白い小説はこれだ!好きな作家8人紹介

私はニート(ブロガー)なのでとにかく時間を余らせる。 家にいる時はずーっと朝から晩までYouTube

【マンガ紹介】アイヌの黄金を探す「ゴールデンカムイ」が面白い

今回紹介したいと思ったのがゴールデンカムイというマンガ。 すでに知っている人は多いと思うが知らない人

非モテでも!夏はイベント豊富で恋人作りが簡単な件

ハロー暇人! 無職暮らしも早3年を超えて暇つぶしの達人になってきた今日このごろだけど夏を前に段々楽し