ニートがおすすめな暇つぶし術・スポット・ゲームなどを紹介するサイト

金のかからない暇つぶし

マンガ

マンガ紹介シリーズ「ブルージャイアント」

更新日:

こんにちは!暇な時にはマンガを読むのが好きな者です。

今回ふと入ったマンガ喫茶で「マンガ大賞特集」コーナーがあったのでちょっと読んだ本がめちゃくちゃ良かったので紹介してみます。

ちなみにマンガ大賞についてはこちらから。

スポンサーリンク

マンガ大賞3位受賞

ブルージャイアントというマンガはマンガ大賞3位を受賞しているマンガで内容としてはジャズに出会った高校生がサックスで世界一のジャズプレイヤーになる夢に向かって一生懸命になる姿を描く青春ストーリー。

舞台は震災後の仙台から始まる。巻末にはマンガに登場した人々がインタビューで主人公の思い出を語るという形式から主人公がすでに成功していて世界のトッププレイヤーになっていることを匂わせる。

ちなみに「ブルージャイアント」の意味は青色巨星という意味で作品の中でも解説されている。

このマンガの見どころ

このマンガの面白いところは何?って聞かれたら「出会い」だと答える。主人公はブラスバンド部に入っているわけでもなく周りに誰もジャズを知っている人がほとんどいない状態で一人練習を続ける。

そんな中でジャズバーでセッションして自分のサックスを聞いてもらい客からは叱られ他の演奏者からは「帰っていいよ」と言われ傷つくもそこからサックスの師匠に出会い一気に実力を上げる事ができたり、川原でサックスを練習している時に犬の散歩をしているおじさんに好きな音だと褒められたりいろんな出会いがあって段々夢に近づいていくのがとても感動できる。

このマンガの素晴らしさは人生は一人で作り上げていくもんじゃなく出会いによって光り輝くものなんだと感じさせてもらえること。このマンガの主人公の周りには素晴らしい師匠であったり、素晴らしいピアノ演奏者であったり、素晴らしい家族であったりとほんとうに素晴らしい人々がいて主人公を支え主人公を大きくしていく。

なぜそれほどまでに主人公の周りに素晴らしい人々が集まってくるのか?それは主人公が夢へ向かってひたむきに全ての情熱をつぎ込んで一生懸命になっているから。熱い想いが周りの人間を巻き込んで大きくなっているのである。

ただの青春マンガかと思って読んで見たわけだが巻を進めるごとに私の胸にも非常に熱いものがこみ上げ目頭が熱くなることが何度もあった。

さすが本屋大賞3位と感じる作品でやっぱりマンガってほんとにいいもんだよなと感じる作品であった。おすすめ度は文句なしの星5つ。すべての人に読んでもらいたいマンガであると感じる。

ブルージャイアントの試し読みはこちらから

シンプルで面白い適性年収がわかる暇つぶし→MIIDAS(ミーダス)※無料

-マンガ

Copyright© 金のかからない暇つぶし , 2017 AllRights Reserved.